婚約指輪の知識を身につける - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 婚約指輪の知識を身につける

婚約指輪の知識を身につける

婚約指輪とは何なのかを知ろう

婚約指輪というのは知っていても、どのような意味があるのか、いつごろから始まった文化なのかなどは知らない人もいるでしょう。

そこで婚約指輪の豆知識を簡単に紹介していきます。

婚約指輪は婚約したことを形で表すために使用されていますが、決意の象徴という意味もあります。

もちろん生涯の思い出に残ることも多いでしょう。

だからこそ現在では、男性が女性に対してプロポーズをするときに渡すことが多いのですが、通常は男性が購入して女性に渡します。

この点が結婚指輪と異なっている点でしょう。

そんな婚約指輪の文化も、結婚指輪と同じく日本の文化ではありません。

婚約指輪の歴史はかなり深く、古代ギリシャや古代ローマの時代からあったと言われています。

昔はプロポーズをするのに渡すのではなく、婚約した証明として指輪が贈られていました。

日本に来たのはちょうど鎖国が解かれたころだと言われています。

日本には古き良き伝統が根付いていたので、当時は全く広まらなかったらしいのですが、戦後になると急に欧米文化が取り入れられ、婚約指輪を渡すのが当たり前になっていったのです。

最近は結婚指輪の交換は行うけれど、婚約指輪は渡さないという人もいますが、やはり女性の気持ちになると、婚約指輪もしっかりと渡すべきだと言えるでしょう。

婚約指輪に人気の素材はイエローゴールド

婚約指輪も結婚指輪と同じように人気の素材が存在しています。

結婚指輪であればプラチナやゴールドが人気なのですが、やはり婚約指輪でもプラチナやゴールドが人気となっています。

そんな中でも最近ではイエローゴールドの素材を使った婚約指輪が人気となっているのです。

ゴールドというのはいろいろな種類があり、イエローゴールドは最も純金に近い色をしています。

しかも他の種類のゴールドよりも安い価格で手に入ることも多いですし、軽くて耐久性に優れているというメリットもあるのです。

このようにいろいろなメリットがあるからこそ、イエローゴールドの人気が高くなっているのです。