婚約指輪は意外と知らないことだらけ - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 婚約指輪は意外と知らないことだらけ

婚約指輪は意外と知らないことだらけ

婚約指輪は人生で一度きり

30代で初婚を迎える人は、今では珍しい事柄ではありません。仕事などの理由で結婚と縁遠い生活を送ってきた人にとって、指輪はわからないことだらけです。
特によくわからないのが、婚約指輪でしょう。そもそも、10個も20個も用意するものではありません。複雑な事情がない限り、婚約指輪を用意するのは生涯で1個だけです。人生唯一の婚約指輪だからこそ、絶対に失敗したくない気持ちも強いことでしょう。

一緒に購入する夫婦が多い

意外におもわれるかもしれませんが、最近は婚約指輪を一緒に購入する夫婦が増えてきました。また、贈られる側が婚約指輪を選ぶパターンも見られます。贈る側が頭を捻って婚約指輪を選ぶよりも、最初から贈られる側に選んでもらった方が失敗はありません。
もちろん、昔ながらのサプライズを狙う人も多いです。婚約カップルの半数以上は、サプライズプロポーズでした。ただサプライズとなると、婚約指輪選びはかなり難しくなります。相手の指輪のサイズ、好みを全て把握しなければいけません。サプライズになるので、相手に直接指輪について聞くこともできません。

ダイヤモンドだけでプロポーズ

指輪のサイズや好みが分からない場合は、ダイヤモンドだけを渡す方法があります。ダイヤモンドのみを渡すので、指輪のサイズや好みがわからなくても問題ありません。ダイヤモンドルースを店に持ち込めば、婚約指輪にセッティングしてくれます。
ダイヤモンドの価格は、ダイヤモンドの大きさ・質・カット方法によって大きく変わります。質が良いダイヤモンドになると0.2ctで13万円、質が悪いものになると4万〜5万円で手に入るでしょう。

相手の目の前で実際に婚約指輪を作る

なお婚約指輪は、工房で手作りすることもできます。手作りをする際には、相手の指輪のサイズを把握するのが絶対条件です。間違いがないためにも、プロポーズがてら相手の目の前で婚約指輪を作っても良いかもしれません。
相手と一緒に工房に来たのならば、指輪のサイズや好みを外すことはないでしょう。「指輪作り」を隠して工房に訪れるだけでも、ちょっとしたサプライズになります。