婚約指輪や結婚指輪は買い替えてもいいの? - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 婚約指輪や結婚指輪は買い替えてもいいの?

婚約指輪や結婚指輪は買い替えてもいいの?

ブライダルジュエリーの買い替え

婚約指輪も結婚指輪も生涯で一度の買い物とよくいわれますが、当時作った指輪が使えなくなることも珍しくなく、買い替える方もおられます。
特に使用頻度の高い結婚指輪ではよく行われますので、必要に応じて検討してください。

大事な指輪が使えなくなるとき

買い替える理由としてよくあるのは、たとえばサイズが変わって指に入らなくなったといったものです。
指輪を作ってから5〜10年と長い時間が経つうちに指のサイズが変わるのは自然なことですから、今のサイズに合わせて改めて指輪を作る方はよくおられます。
ほかにも、指輪を落としてなくした、デザインを変えたい、指輪が壊れたなど、当時作った指輪が使えなくなるさまざまな理由により、買い替えられています。

結婚指輪の買い替えは珍しくない

特に結婚指輪はずっとつけ続ける方もよくおられ、サイズやデザインが今の自分に合わなくなったとき、今の基準で作り直す方はよくおられます。
婚約指輪については結婚指輪ほど毎日使われることが少なく、昔のように使えなくなっても特に買い替えされない場合もありますが、買い替えても問題はありません。
いずれにしてもブライダルジュエリーのショップや工房で購入しますが、利用回数やタイミングに制限はなく、指輪を買い替えたいときには随時利用できますので、気軽に相談されるといいでしょう。

買い替え以外の方法ってある?

使用頻度が低い婚約指輪など、たまに使用するときのためだけに買い替えるのは少しもったいないと感じるとき、サイズ直しやリメイクができないか考えてみるといいでしょう。
サイズ直しならリングのサイズを微調整できますので、昔の指輪をまた問題なく使えるようになります。
買い替えるときもリメイクとして昔の指輪やそのダイヤなどを材料に使うと、その指輪の思い出などを引き継げるうえ、費用の節約になる場合もあります。
結婚指輪でも使える方法ですので、それぞれ知っておかれるといいでしょう。

ブライダルジュエリーをいつまでも使えるように

結婚して何年経っても大切な指輪を不自由なく使えるように、当時作った指輪が使えなくなってきたら必要に応じて買い替えなど検討してください。