知っているようで知らない婚約指輪 - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 知っているようで知らない婚約指輪

知っているようで知らない婚約指輪

婚約指輪は知ってるけど知らない?

「プロポーズの時に渡すのが婚約指輪」であるのは、指輪の「ゆ」の文字も触れたことがない人でもわかる事実です。では「プロポーズ後の婚約指輪」に関しては、意外と知られていない気がします。プロポーズが成功して結婚すれば、左手薬指にはめられるのは結婚指輪です。婚約指輪をはめる機会は、そんなに多くはありません。
なぜ、プロポーズ時に婚約指輪を贈るのでしょうか?プロポーズ後の婚約指輪の行方についても、調査してみました。

プロポーズ時に婚約指輪を贈るようになったのは?

プロポーズの時に婚約指輪を贈るようになったのは、宣伝効果によるものです。そもそも指輪が日本に広まったのは、明治後期。大正時代に定着はしたものの、当時はセレブだけの贅沢品でした。庶民の間で婚約指輪が広がったのは、昭和になってからのことでした。
当時規制がかかっていたダイヤモンドの輸入が解除。どんどん仕入れてどんどん売り出そうとしていた最中に、婚約指輪のキャンペーンを開始しました。キャンペーンは大成功し、今では習慣の1つまでになったのです。

結婚後の婚約指輪

プロポーズ後の婚約指輪は、どうしているのでしょうか。結論を先に述べると「人による」です。ある人は、婚約指輪をもらった後身につけずタンスの奥に隠れたままにしているそうです。大粒のダイヤモンドがついているため、身につけられる場所は限られてしまうからです。
一方で、婚約指輪を結婚後も身につけているという方もいらっしゃいました。友人の結婚式時や、相手とのデート時に婚約指輪をつけているという方もいるようです。元はキャンペーンで始まった婚約指輪ですが、今はロマンチックなシーンを盛り上げている素敵ツールともなっているようです。

婚約指輪に使われる宝石について

婚約指輪といえば、大粒のダイヤモンドが特徴です。ダイヤモンドは地球上最も硬い鉱物であることから、何があっても絶対に壊れない愛を意味しています。ただ最近は、鮮やかな赤が特徴のルビーを用いた婚約指輪もございます。
もし相手が情熱的な人であれば、あえてルビーの婚約指輪を贈るのもありかもしれません。