結婚指輪と婚約指輪と重ね付け - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 結婚指輪と婚約指輪と重ね付け

結婚指輪と婚約指輪と重ね付け

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪は、マリッジリングとも呼ばれ、結婚の記念に2人で購入するものであるのに対して、婚約指輪は、エンゲージリングとも呼ばれ、婚約の証として男性から女性に贈るものという違いがあります。

購入の仕方にも違いがあり、結婚指輪は、男女2人で購入しに行くケースが多いですが、婚約指輪は男性が贈るものということもあり、男性1人で購入するという違いがあります。

しかし、近年は、プロポーズ後に2人で一緒に購入しに行くケースも珍しくないです。

また、結婚指輪については、既製品を購入するというケースだけではなく、2人で手作り結婚指輪をつくるケースも人気があり増えています。

近年、人気がでてきた重ね付け

近年、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けできるタイプのものがあり、デザインなども人気があります。

また、セットで購入することにより、割引価格が適用されることもあり、結婚指輪と婚約指輪をセットで購入する人も多くいます。


その他、購入した店舗が一緒なので、クリーニングや磨き直しなどのアフターケアが受けやすいという特徴もあります。

基本的には、左手の薬指に結婚指輪をはめ、婚約指輪を上から重ねてはめます。

これには、永遠の愛の証である結婚指輪を、外側から婚約指輪がロックしているという意味もあるそうです。

結婚指輪と婚約指輪をそれぞれ単体で付けるよりも手元が華やかになり、保管をしたまま取り出すことが少ない婚約指輪を普段使いできるようになりますが、重ね付けすることによって指輪同士がぶつかって傷がついてしまうことには注意する必要があります。

組み合わせ方は、同じブランド同士や似ているデザインのものを合わせたり、色を統一させたりして豊富にあるので、自分の個性を出すために、結婚指輪と婚約指輪をそれぞれチョイスするという方法もあります。

このような重ね付けは結婚指輪と婚約指輪のそれぞれの知識も必要でありますので、婚約指輪についても知らないことが多いという男性にとっては難しい部分も出てくるでしょう。

そのようなときに女性と重ね付けを目的として一緒に店舗で指輪を探してみると結婚指輪と婚約指輪の違いなどが勉強できるかもしれません。