結婚指輪の世界は安かろう悪かろう - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 結婚指輪の世界は安かろう悪かろう

結婚指輪の世界は安かろう悪かろう

安かろう悪かろう

大変残念な話になりますが、結婚指輪の世界は「安かろう悪かろう」がまかり通っています。分かりやすい例は、ネット通販で取り扱われている結婚指輪でしょう。一見するとプラチナのゴージャスデザインの結婚指輪。値段が1万円前後とあっては、買わない手はないでしょう。
しかし1万円の結婚指輪の正体は、質の悪い素材で作られたもの。売り上げの為に、プラチナ風のメッキが施されています。ネット通販の事例はあくまでも一例にしか過ぎませんが、似たようなケースは他にも沢山ございます。

需要がある以上避けられない

結婚指輪は、一生に一度の物。一時の利益の為に、新婚夫婦に騙しをかけるのは許されません。でも石油王ではない限り、使えるお金には限度があります。値段の安い結婚指輪を求めている夫婦がいらっしゃるのも、紛れもない事実。需要がなくならない限り、質の悪い結婚指輪は次から次へと世に送り出されるのです。
理想論を述べるのなら「値段が安く質が高い結婚指輪」を選びたいところ。でも大変難しく、見つけ出すのも一苦労です。

手作りの結婚指輪

そこでオススメしたいのが、手作りの結婚指輪です。オプションを盛り込むと値段は高くなるものの、シンプルなデザインの指輪なら安く済みます。店で購入すれば20万円軽く超えるプラチナの結婚指輪でも、手作りなら15万円前後に抑えられるでしょう。
あまりの安さに、疑いの目を向ける方もいらっしゃるかと思います。「もしかして質の悪い素材を使っているのでは?」と、思われていることでしょう。安い理由は色々ありますが、大きなウェイトを占めているのが「コストカット」です。

企業努力によるコストカット

そもそも結婚指輪の値段が高い理由は、指輪にかけるコストにあります。素材費用や職人費用は言うに及ばず、運搬費用や広告費用もかかっています。指輪とは関係ない部分でもお金がかかれば、高い値段が付くのは当然でしょう。
でも手作りの結婚指輪の場合、大半は指輪に関係する費用です。運搬費用や広告費用は、店と比べるとあまりかかっていません。かかるコストが少ない分、結婚指輪の費用も安くなります。