結婚指輪の大きさ - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 結婚指輪の大きさ

結婚指輪の大きさ

結婚指輪は日常的に着けるもの?

結婚指輪と言えば一般的に日常生活から常に身に着けていることが多く、選ぶときには仕事や家事の邪魔にならないことを考えるでしょう。
何らかの事情によって外さなければいけないことはありますが、基本的には身に着けていることをイメージしたほうがいいですから、デザインもおのずと限られてきます。
まず長く身に着けるためには経年劣化しにくい素材でなければいけませんので、プラチナやゴールドといった素材をチョイスすることがほとんどです。
プラチナやゴールドは変色に強いため、長く身に着けていても輝きを損なわないメリットがありますから、結婚指輪の素材としてはぴったりです。

結婚指輪の大きさはどのくらいがいい?

次に結婚指輪のサイズですが、これは実際に身に着けてみないと分からない部分ですから、まずは気に入った指輪が見つかったらそこで一度試着させてもらってください。
結婚指輪にも太めのものと細めのものがあって、それぞれ好みは違います。
太めのほうが存在感があっていいという人もいますし、細めのほうが家事や仕事もしやすいし、デザインもシンプルなものが多くて合わせやすいという人もいます。
このあたりは完全に好みでもありますから、いくつか気に入ったデザインが見つかったら遠慮なく試着してみて、その中でしっくりきたデザインの指輪を選ぶといいでしょう。
試着は基本的にどこのショップでもできますので、気軽にお願いしてみましょう。

サイズ調整もできる

そしてもし万が一購入した結婚指輪のサイズが合わなくなってきた場合、サイズ調整ができる場合もあります。
たとえばプラチナリングの場合、素材そのものが柔らかいため、シンプルなデザインであれば比較的どこでもサイズ調整をしてくれます。
ただしエタニティリングのようにダイヤモンドを周辺にあしらっていると、サイズ調整が難しくなりますし、チタンのように硬い素材を使っていると難しい場合があります。