結婚指輪知らないこと についての記事一覧 - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと

結婚指輪知らないこと

深過ぎる婚約指輪の歴史

意外と奥が深い婚約指輪

「婚約指輪はプロポーズの際に相手に渡す素敵な指輪」であるのは、今更説明されなくてもわかることです。では「プロポーズの際に渡す指輪」以外に、婚約指輪について説明ができるでしょうか。大半以上の方は、つまずくかとおもいます
そもそもなぜ、婚約を結ぶ際に指輪が使われたのでしょうか。結婚の約束を取り付けるだけならば、ネックレスでも「婚約証明書」の発行でも良いはずです。指輪になった理由を探ると、意外な事実が判明しました。
『深過ぎる婚約指輪の歴史』 の続きを見る

意外と知らない婚約指輪

婚約指輪について知っていますか?

指輪を普段身に付けない人にとって、婚約指輪は未知の世界。唯一知っていることといえば、「プロポーズの時に贈る指輪」でしょう。
しかし婚約指輪は、人生を大きく変えるかもしれない場面で使われるものです。婚約指輪についてしっかりリサーチをしなければ、とんでもない目にあうかもしれません。素敵なプロポーズのため、相手から「YES」を引き出すためにも、婚約指輪について勉強しましょう。
『意外と知らない婚約指輪』 の続きを見る

婚約指輪や結婚指輪は買い替えてもいいの?

ブライダルジュエリーの買い替え

婚約指輪も結婚指輪も生涯で一度の買い物とよくいわれますが、当時作った指輪が使えなくなることも珍しくなく、買い替える方もおられます。
特に使用頻度の高い結婚指輪ではよく行われますので、必要に応じて検討してください。
『婚約指輪や結婚指輪は買い替えてもいいの?』 の続きを見る

婚約指輪は意外と知らないことだらけ

婚約指輪は人生で一度きり

30代で初婚を迎える人は、今では珍しい事柄ではありません。仕事などの理由で結婚と縁遠い生活を送ってきた人にとって、指輪はわからないことだらけです。
特によくわからないのが、婚約指輪でしょう。そもそも、10個も20個も用意するものではありません。複雑な事情がない限り、婚約指輪を用意するのは生涯で1個だけです。人生唯一の婚約指輪だからこそ、絶対に失敗したくない気持ちも強いことでしょう。
『婚約指輪は意外と知らないことだらけ』 の続きを見る

婚約指輪についてよく知らない人へ

晩婚は当たり前

かつて、30歳の独身は「行き遅れ」と後ろ指をさされたものです。しかし今は、男性も女性も第一線で活躍する時代。30歳の独身は当たり前で、40代で初婚を迎える人も珍しくありません。どの年代でも結婚する際に必要になるのが、婚約指輪です。
しかし今まで結婚に縁がなかった人にとって、婚約指輪がどんなものか意外と知られていません。「プロポーズの際に相手に渡す指輪」が、精一杯の婚約指輪知識でしょう。そこで初婚を迎える人のために、婚約指輪について解説します。
『婚約指輪についてよく知らない人へ』 の続きを見る

婚約指輪の元は鉄の輪?意外と知らなかった婚約指輪

婚約指輪についてどこまで知っていますか?

婚約指輪について、どこまで知っているでしょうか。「ダイヤモンドがついた指輪でプロポーズに渡すもの」という点については、既に把握していることでしょう。
しかし結婚指輪と婚約指輪の違いについては、説明できるでしょうか。婚約指輪の深い意味について、なぜプロポーズで贈られるのかについても、ご存知でしょうか。意外と知らない婚約指輪について、取り上げます。
『婚約指輪の元は鉄の輪?意外と知らなかった婚約指輪』 の続きを見る

知られていない点も多い婚約指輪

婚約指輪についていろいろと調べてみる

婚約指輪と聞けば、プロポーズをするときに男性が女性に手渡す物ということは知っているでしょうが、それ以外のことについてはあまり知らないという人もいるでしょう。
そこで婚約指輪についていろいろと調べてみると、あまり知られていないこともたくさんあるのです。

例えば婚約指輪の意味ですが、基本的には婚約した約束の証として残すため、決意の象徴として残すため、財産として残すためです。
日本では婚約指輪が伝わったのは鎖国が解かれてからですし、本格的に婚約指輪を渡す文化が根付いたのは戦後になります。

『知られていない点も多い婚約指輪』 の続きを見る

婚約指輪の知識を身につける

婚約指輪とは何なのかを知ろう

婚約指輪というのは知っていても、どのような意味があるのか、いつごろから始まった文化なのかなどは知らない人もいるでしょう。

そこで婚約指輪の豆知識を簡単に紹介していきます。

婚約指輪は婚約したことを形で表すために使用されていますが、決意の象徴という意味もあります。

もちろん生涯の思い出に残ることも多いでしょう。

だからこそ現在では、男性が女性に対してプロポーズをするときに渡すことが多いのですが、通常は男性が購入して女性に渡します。

この点が結婚指輪と異なっている点でしょう。

そんな婚約指輪の文化も、結婚指輪と同じく日本の文化ではありません。

婚約指輪の歴史はかなり深く、古代ギリシャや古代ローマの時代からあったと言われています。

昔はプロポーズをするのに渡すのではなく、婚約した証明として指輪が贈られていました。

日本に来たのはちょうど鎖国が解かれたころだと言われています。

日本には古き良き伝統が根付いていたので、当時は全く広まらなかったらしいのですが、戦後になると急に欧米文化が取り入れられ、婚約指輪を渡すのが当たり前になっていったのです。
『婚約指輪の知識を身につける』 の続きを見る

ピンクの結婚指輪を作ってみよう

ピンク色のかわいい結婚指輪

ピンク色の結婚指輪を作れたらかわいくて素敵だと思いませんか?

実はそのような指輪も簡単に作れます。

派手なピンクではなく、ほんのりとした淡いピンクで、場合によっては赤っぽい色にも見えるかもしれません。

結婚指輪の色として不自然なことはありませんから、大人でも違和感なく身につけられます。

かわいい色合いが好きな方にはおすすめです。

『ピンクの結婚指輪を作ってみよう』 の続きを見る

模様を入れた結婚指輪

結婚指輪のデザインについて

どんな結婚指輪を買うか、その場になると悩みますよね。

あまり個性的すぎる形状は避けたい、それでもシンプルすぎるのも何か寂しい。

そんなときにおすすめなのがリングに模様を入れてみるという方法です。

これだけでシンプルな指輪が違って見えます。

模様によっては目立ちすぎない範囲にとどめることもできますし、思い切り個性を出すこともできます。

ライン1本でも印象は変わる

たとえばリングを斜めに横切るようなラインが1本入っているだけでも、何もないときに比べて少しオシャレな雰囲気になります。

模様としては凝ったものではありませんが、これだけでもかなり印象が変わるのです。

リング表面の中央をまっすぐ走るラインを入れてみるというデザインもあります。

このようなラインだけなら入れるのも簡単ですし、個性的すぎることもなく、デザイン性と使いやすさを両立できます。

『模様を入れた結婚指輪』 の続きを見る