結婚指輪知らないこと についての記事一覧- ページ 3 / 4 - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと

結婚指輪知らないこと

エンゲージリングおすすめブランド

エンゲージリング、あこがれの婚約、結婚そして新しく始まる新生活。
そんな夢のある時、エンゲージリングを選ぶのもとても楽しみですね。
エンゲージリングのおすすめブランドをご紹介してみましょう。

やはり女性の永遠の憧れのブランド、ティファニー。
1837年アメリカで創業されたティファニー。
シルバーアクセサリーやオープンハートでも有名なティファニー。
ティファニーの価格は手を出しやすいリーズナブルな価格帯から高級なものまでさまざまなラインナップがあります。
またティファニーといえば、今ではエンゲージリングの定番、ソリティア、6本の爪で一粒ダイヤモンドを支えるスタイルはこのティファニーが発祥なのです。
またティファニーのブルーボックスも手にしただけで幸せになってしまうほど素敵ですね。

横浜元町で生まれた、スタージュエリー。
輝くダイヤモンド、またスタージュエリーのオリジナリティーあふれたデザインは、他では見つからないお気に入りのエンゲージリングが見つかるかもしれません。
自社工房の為リーズナブルに良質なエンゲージリングを手に入れることが出来ます。

キングオブダイヤモンド、ハリーウィンストン。
多くの芸能人や、著名人、また王室やセレブの間で人気のハリーウィンストン。
肌に直接つけているかのようなダイヤモンドはハリーウインストンの特徴です。
ダイヤモンドの輝きは宝石学の元に最高に輝く、そんなジュエリーです。

イタリアで生まれたブルガリ。
ブルガリの輝きは大人の女性にもピッタリです。
気品のあるその輝きは最高のエンゲージリングです。

シンプルで繊細な4℃ブライダル。
シンプルでありながらも最高の輝きと着け心地。
毎日つけたいそんなエンゲージリングです。

エンゲージリングは他にも様々なブランドからラインナップされております。
ダイヤモンドの輝き、そして婚約という華々しい時を共に飾るエンゲージリング。
最高のエンゲージリングと出会う時が来ることでしょう。

エンゲージリングのあれこれ

誰もが夢見た事のあるエンゲージリング。
特に女性にとって、エンゲージリングは様々な思い入れがあることでしょう。
エンゲージリングとは、婚約指輪の事ですが、マリッジリング、結婚指輪との違いは、エンゲージリングは男性が女性に贈るもので、マリッジリングは男性と女性ペアで用意をしてお互いに交換するものです。

左手の薬指、古代ローマ時代、左手の薬指は心臓とつながっている、心臓の鼓動と共に永遠に続くようにという意味を持ち左手の薬指にエンゲージリングやマリッジリングをはめるという深い意味があるのです。
そんな左手の薬指は婚約相手が決まるまではあけておく。
そんな風習もございます。

意味のある指輪エンゲージリングは様々なジュエリーブランドから既製品もありますが、なかなかおすすめなのが手作りのエンゲージリングです。
なぜ既製品よりも手作りのエンゲージリングがおすすめかというと、エンゲージリングは他の指輪に比べて特別なものだからです。

またエンゲージリングといえばひと昔前のコマーシャルを覚えておりますか。
お給料の3か月分というキャッチフレーズ。
そのキャッチフレーズが思いのほか浸透して、バブルの時代にはお給料の3か月分のエンゲージリングがメジャーでした。
現代では3か月分というような価格よりも、自分たちらしさ、また世界にたった一つというようなどちらかというと価格よりも気持ちが重要視されているようにも思います。
そんな手作りのエンゲージリングは思いがたくさん詰まった世界でたった一つのオリジナリティーあふれる指輪を作ることが出来ます。

男性が女性の為に心を込めて作ったエンゲージリング、贈るほうも贈られたほうも、その思いはきっと最高の思い出、そして最高のエンゲージリングになることでしょう。
既製品のエンゲージリングももちろん素敵ではありますが、是非手作りのエンゲージリングもおすすめしたい指輪です。
最高のエンゲージリングを贈ってみてはいかがでしょうか。

セミオーダーで作るエンゲージリング

セミオーダーで作るエンゲージリングが今注目されております。
フルオーダーの場合ゼロから考えるのは意外に大変です。
すべて自分の好きなようにするという意味ではフルオーダーもおすすめですが、なかなか難しいというのがネックです。
セミオーダーならある程度決めっているものから選び組み合わせなどで作ることが出来ますので、そういったセンスに自信のない方でも安心です。
またセミオーダーすることによって、既製品よりも思い入れがある指輪になりますので、特別な指輪であるエンゲージリングにはセミオーダーがおすすめなのです。

例えばセミオーダーのエンゲージリングとは、デザインされているエンゲージリングの石を好きな石にセレクトしたり、シンプルなデザインのエンゲージリングに好きな彫刻を選んでセミオーダーで作ったりすることができます。
またはデザインと素材をカタログなどから選んでセミオーダーするエンゲージリングなどもあり、様々な形のセミオーダーのエンゲージリングを作ることが出来ます。

またセミオーダーの指輪は、既製品よりも思い入れが出来るようなそんな気もします。
というのはこれとどれを組み合わせようかなど、いろいろと考えて、迷って相談してようやく決まったものをオーダーするわけですから、出来上がって来た時の感動は作った人にしか分かりません。
エンゲージリングをセミオーダーすることにより、フルオーダーと同じくらいの感動を得ることが出来ます。
またそれだけ特別なエンゲージリングを手に入れることが出来ます。

エンゲージリングは一生に一度の、また一生涯大切に使う指輪です。
エンゲージリングを見るたびに当時を思い浮かべ初心に戻ることが出来る、そんなかけがえのない指輪になるのです。
お気に入りの自分たちらしいエンゲージリングをセミオーダーで作ってみてはいかがでしょうか。
職人さんの温かみを感じることのできる最高のエンゲージリングとなるでしょう。

職人さんの婚約指輪

特別な意味を持つ指輪、婚約指輪。
そんな婚約指輪は職人手作業の婚約指輪をフルオーダーで注文してみてはいかがでしょうか。
職人の手作業によりあなたの思い通りの指輪が生まれます。
オーダーメイド婚約指輪の良いところは、何といっても自分好みの特別な指輪が出来る事。
また誰かが自分の為に作ってくれる、そんな人の温かさを感じることが出来るのも、職人手作業の婚約指輪ならではです。
熟練の職人さんの手作業で特別な婚約指輪を作ってもらってはいかがでしょうか。

オーダーメイドなら自分好みの素材でオーダーすることが出来ます。
例えば既製品だとこのデザインは気に入ったんだけれど、素材がプラチナが良いなとか、素材は気に入ったけれどもう少しここのデザインが、といった様に細かいところまで自分の好みに仕上げてもらうことが出来るのが、オーダーメイドの良いところです。

オーダーメイドの指輪ってとても高価なのでは?予算的にちょっとオーダーメイドは自分達には難しいかも・・・
なんて思っている方は一度職人さんの在籍している工房に相談に行ってみると良いでしょう。
意外に既製品よりもお安くできるという事もありますので、まずはお話を聞いてみると良いです。

なぜ予算を抑えてできるかと言いますと、まずは有名ブランドの場合はやはりそれなりにお値段は高くなります。
デザイン料の占める割合が多いという事ですね。
またオーダーメイドは素材を自由にチョイスできますので、素材で大分予算組が出来ることもポイントです。
ブランド料がない分、オーダーメイドにした際にもそこまで高額なオーダー料金ではなく、また素材や石などである程度の価格調整が出来ます。
予算内で自分たちの好みのデザインに仕上げてもらうように相談してみましょう。
オーダーメイドならではの細かな打ち合わせでより自分たちの求める婚約指輪を手に入れることが出来る事でしょう。
職人の手作業の温かみ溢れる婚約指輪は一生の宝物です。

婚約指輪を手作りしよう

手作り指輪という言葉を聞いたことがありますか?
聞いたことがある方は大体ご想像の通りですが、初めて聞いた方に簡単にご説明致しましょう。

手作り指輪は、オーダーメイドで職人が手作りで作るフルオーダーやセミオーダーの指輪があります。
また自分たちで作る手作り指輪には工房で手作りをするタイプと自宅で手作りキットで手作りする方法があります。
また実は世の中に存在する指輪の大半が手作り指輪というのはご存知でしょうか。
指輪は必ず人の手作業が必要です。
全ての工程で機械で行う事がありませんので、指輪はすべて手作りといっても良いくらいです。

そんな手作り指輪の中でも、今回は自分たちで作る手作り婚約指輪をご紹介してみましょう。
婚約指輪を手作りする。
なんともロマンティックではないでしょうか。
男性から女性に贈る婚約指輪を自分の手作りで作るなんてとても素敵ですね。
きっと贈られた女性の喜びは計り知れないでしょう。
男性が指輪を手作り??
と思われる方も少なくないかもしれませんが、実はものつくりは男性の方が夢中になってしまったりするものです。
会社帰りに工房に立ち寄り、夢中になって作っているその手は職人のような手さばきにさえ見えるほどなんですよ。
昔のプラモデルを作っている時を思い出したなんて言う声もちらほら。
男性はモノ作りが基本的に好きなようですね。

手作りの婚約指輪は、既製品に比べてより思い入れが大きい指輪になります。
またもらった時の喜びも、自分の為に作ってくれたと思うとその婚約指輪の特別な思いは他にはありませんね。
また婚約指輪は大変高価なものですが、手作りの指輪は、ある程度予算の調整が出来るところも魅力の一つです。
婚約指輪は特別なもの。
手作りすることによりその特別感のエッセンスをプラスすることが出来るのです。
手作りの婚約指輪、結婚指輪ともに近年注目をされていて多くの雑誌やイベントなどでも紹介されるようになっております。

婚約指輪のデザイン色々

婚約指輪といえば、とても高価なものであり、また特別なものです。
誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。
プロポーズと共に婚約指輪をプレゼントされる日を夢見ていたそんなあの日が誰もがあるのではないでしょうか。
そんなほかのジュエリーとは思い入れも違う婚約指輪。
婚約指輪はお給料の3か月分なんて言う言葉が飛び交っていたバブルの時代。
コマーシャルで様々なカップルの婚約指輪と共にお給料の3か月分というキャッチコピーが世に定着していた時代でした。

値段が高価であることだけではなく、意味のある指輪、意味のある婚約指輪ですので、お気に入りのデザインのものを贈りたいものです。
初めての婚約指輪を選ぶときにはなかなか難しいものです。
特に男性が女性にサプライズでプレゼントするというのであればさらにその難易度は上がります。
まずはデザインを知るところから婚約指輪選びは始まります。

一番スタンダードなデザインは、6つの爪で一つの大粒のダイヤモンドを支えている、ティファニーが発祥のソリティアです。
ソリティアにしておけば間違いなしと言われているくらいですので、迷ったらソリティアにすると良いかもしれません。
またソリティアのおすすめの理由は、指輪のサイズ直しがしやすい事です。
一生ものの婚約指輪と考えると、やはりサイズ直しが簡単にできるほうが良いですね。

ゴージャスにスタイリッシュな指輪が好きな方には、エタニティ―リングがおすすめです。
粒ぞろいのダイヤモンドが並んでいてスタイリッシュでありながらも、輝きとラグジュアリー感はやはりエタニティ―の醍醐味です。

またパヴェも人気があります。
ダイヤモンドが散りばめられたパヴェはより女性らしいデザインで、とても繊細でかつ重厚な輝きです。
美しさを兼ね備えた指輪です。

婚約指輪のデザインは彼女と一緒に選ぶかサプライズにするか、サプライズの場合は好きなデザインの調査をひそかにしてみるのも良いですね。

今年のトレンド婚約指輪編

婚約指輪といえば女性にとって特別なもの。
最近では、婚約指輪と結婚指輪を同じにするといった風習や、また結婚指輪も婚約指輪も用意しないという方も少なからずいらっしゃいますが、やはり女性にとっては特別な婚約指輪ですね。
そんないつか自分が婚約指輪をもらう日を夢見ていた日がついにやってきた。
そんな婚約指輪をいざその日がくると、どんなのが良いのかなんだか迷ってしまいますね。

もちろん男性がサプライズで用意をしている場合もあるでしょう。
または一緒に選ぶという方もいらっしゃるでしょう。
どちらにしてもとびっきりのお気に入りの婚約指輪に出会いたいものですね。
それでは今年のトレンド婚約指輪をチェックしてみましょう。

やはり堂々の1位はソリティア。
一粒ダイヤのソリティアは、その上品さとまたどんなスタイルにも合わせやすいデザインからも大変人気のある指輪です。
また婚約指輪は一生ものですので、サイズ直しが簡単なソリティアは人気があります。
トレンドというよりも常に変わらない人気を誇っています。

不動の人気エタニティ。
エタニティはハーフタイプとフルタイプの2種類がございます。
同じ大きさのダイヤが並んだエタニティはスタイリッシュでラグジュアリーな大人のダイヤモンドジュエリーです。

婚約指輪の人気ブランドもご紹介してみましょう。
やはりあこがれのティファニーは昔から大変人気があります。
不動の人気のティファニーは実は、ソリティアはティファニーから誕生したのです。

ブライダルリング専門店だから豊富なデザインがあるアイプリモ。
専門店ならではの豊富なデザインと豊富な価格帯で、お気に入りのリングが見つかると人気のアイプリモです。

ジュエリーの王様カルティエ。
お値段は張りますが、やはり人気のカルティエ。
王室御用達のカルティエのリングは気品があり手元に輝きのエッセンスを与えてくれます。

また最近では自分たちらしさを求めるカップルが多いようです。
今のトレンドは自分たちらしさなのかもしれませんね。

結納とは

結納という言葉をご存知ですか。
結納とは日本で古くから伝えられている儀式です。
婚約をする際に取り交わされる結納。
結納では結婚式をする前に家族と家族の顔合わせをして両家の親睦を深めるための式になります。
結納では、結納の品と結納金を取り交わすという儀式がございます。
これは古代ローマ時代の、男性が女性側にお金を支払い結婚の取り交わしをするという事に似ておりますね。

結納には正式結納と略式結納というものがあり、現代では略式結納が主流です。
しかし近年ではこの略式結納も行われずに、お食事会という形をとる方も多いです。
正式結納は現代ではほとんど行われておらず、仲人がお互いの家を行き来して、結納の品を受け取り渡すというような結納です。
略式結納では両家が同じお部屋に集まり、結納の品を交わしあうという形です。

この結納の際に男性が女性に贈る品として、婚約指輪がございます。
婚約指輪は女性に対して、「一生涯共に人生を歩んでいきましょう。どんな困難があっても共に乗り越えていく事を誓います。あなたを一生大事にします。」という意味合いを指輪と共に贈るものです。
また指輪には永遠に切れることのない円(縁)そして壊れることのない丈夫な素材(昔は鉄でした)銀や金プラチナなどが使われている婚約指輪を贈ることにより、永遠に続くという意味合いがございます。

婚約指輪のお返しには女性からは、普段身に着けるものを贈ることが多いようです。
時計や財布、バッグ、スーツなどをお返しにされる方が多いです。

結納式は現代では昔と違いかなり簡略化されている傾向にはございますが、婚約指輪に関しては、やはり誰もが夢見ている特別な指輪なだけあり、現代でも婚約指輪は贈る習慣が残っております。
婚約指輪は男性から女性へ、結婚指輪はペアリングでそれぞれ永遠に終わることのない愛や縁を意味しており、今後の子孫繁栄でつながっていくという意味合いもある特別な指輪です。
結納について簡単にまとめてみました。

婚約指輪をこれから贈るあなたへ

婚約指輪を贈るあなたへ。
婚約指輪をこれから贈ろうと思っているあなたへ。
そんなあなたは婚約指輪を探すのが初めてという方がほとんどではないでしょうか。
中には友人の婚約指輪や家族の婚約指輪または過去に買ったことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方が初めての経験です。

男性は特に女性と違って普段からあまりアクセサリーなどを選ぶという経験がない中、婚約指輪を探すというのはとても勇気がいり、またどうやって選んでいいものか迷ってしまうのではないでしょうか。
そこで絶対に喜んでもらえる婚約指輪を探すべく、準備として調査をしてみましょう。

インターネットや雑誌などでまずはどんな婚約指輪があり大体どのくらいの予算で購入するのかを決めて行きましょう。
そして婚約指輪を購入するにあたり下記のどちらかをまずは選びましょう。
その1、サプライズで婚約指輪を用意して贈る。
その2、彼女と一緒に婚約指輪を選ぶ。
両者ともそれぞれに良い面があります。
サプライズは、指輪をもらった時の喜びも大きくやはりサプライズというのは人間はうれしいものです。
しかし、一緒に購入するほうは、絶対に彼女が喜ぶデザインのものを購入することが出来ます。
ですのでまずは自分がどちらにしたいかを決めておくことが重要です。

サプライズの場合は、準備が必要です。
まずは彼女がシンプルなものが好きなのか、またはゴージャスなものが好きなのか、いや、個性的なものが好きなのかを調査しましょう。
普段の持ち物などから推測しても良いですが、彼女のお友達などに聞いてみても良いでしょう。
これは腕の見せ所です。
より好みに近い婚約指輪を探しましょう。
難しいなと思った方は、ジュエリーショップでショップのスタッフさんに相談してみましょう。
プロにアドバイスをしてもらえば失敗することなく選ぶことが出来るでしょう。

彼女と一緒に選ぶ場合は、予算だけあらかじめ決めておけば大丈夫です。
準備をして最高の指輪をプレゼントしてみましょう。

婚約指輪と指輪の素材

婚約指輪の素材についてまとめてみました。
指輪の素材は様々な素材がございます。
素材が違うと、まずはイメージが違います。
またつけた感じ、肌触りも違ってきます。
素材によっては金属アレルギーなどでつけることが出来ない方も、つけることが出来る素材もあります。

また素材により、たとえばデザインのしやすさなどが違いますので素材によりデザインなどに特徴があります。
例えば金(ゴールド)14金、18金、22金、24金と数字が小さいほど素材が固くなります。
金の含有率になりますが、混じりけがあることにより、デザインを施しやすくなっております。
またゴールド(金)の中には、ホワイトゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールド、ローズゴールドなど同じゴールドでも色味も様々です。

指輪の素材で有名なシルバーにもいろいろなシルバーがあります。
シルバーならではの魅力もあり、良質なシルバーの指輪で有名なティファニーやクロムハーツなどもシルバーで有名なジュエリーブランドです。

また婚約指輪といえば、プラチナ。
繊細なイメージのプラチナ。
プラチナはとても美しく、婚約指輪にはぴったりの素材です。
プラチナは少し値が張るものの、やはり婚約指輪では大変人気のある素材です。

指輪は素材によって同じデザインであってもそのイメージは大きく変わります。
また素材選びは予算にもかなり大きく関係してまいります。
ゴールドも含有率により価格はもちろん変わります。
プラチナはお値段は高いものです。
このように素材により価格に大きく関係してきますので、予算範囲内で婚約指輪を探すときに、キーワードとなるのがこの素材です。

例えば素材を少しお値段のお安めのものにして、デザインで自分好みにしてみたり、また素材をプラチナなど高価なものにして石をひとつ施したシンプルなデザイン、そんなシンプルかつ豪華な婚約指輪というのも素敵ですね。
素材選びは婚約指輪選びの際に重要になってまいります。