エンゲージリングのあれこれ - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » エンゲージリングのあれこれ

エンゲージリングのあれこれ

誰もが夢見た事のあるエンゲージリング。
特に女性にとって、エンゲージリングは様々な思い入れがあることでしょう。
エンゲージリングとは、婚約指輪の事ですが、マリッジリング、結婚指輪との違いは、エンゲージリングは男性が女性に贈るもので、マリッジリングは男性と女性ペアで用意をしてお互いに交換するものです。

左手の薬指、古代ローマ時代、左手の薬指は心臓とつながっている、心臓の鼓動と共に永遠に続くようにという意味を持ち左手の薬指にエンゲージリングやマリッジリングをはめるという深い意味があるのです。
そんな左手の薬指は婚約相手が決まるまではあけておく。
そんな風習もございます。

意味のある指輪エンゲージリングは様々なジュエリーブランドから既製品もありますが、なかなかおすすめなのが手作りのエンゲージリングです。
なぜ既製品よりも手作りのエンゲージリングがおすすめかというと、エンゲージリングは他の指輪に比べて特別なものだからです。

またエンゲージリングといえばひと昔前のコマーシャルを覚えておりますか。
お給料の3か月分というキャッチフレーズ。
そのキャッチフレーズが思いのほか浸透して、バブルの時代にはお給料の3か月分のエンゲージリングがメジャーでした。
現代では3か月分というような価格よりも、自分たちらしさ、また世界にたった一つというようなどちらかというと価格よりも気持ちが重要視されているようにも思います。
そんな手作りのエンゲージリングは思いがたくさん詰まった世界でたった一つのオリジナリティーあふれる指輪を作ることが出来ます。

男性が女性の為に心を込めて作ったエンゲージリング、贈るほうも贈られたほうも、その思いはきっと最高の思い出、そして最高のエンゲージリングになることでしょう。
既製品のエンゲージリングももちろん素敵ではありますが、是非手作りのエンゲージリングもおすすめしたい指輪です。
最高のエンゲージリングを贈ってみてはいかがでしょうか。