婚約指輪のデザイン色々 - 意外と知らない婚約指輪のこと

menu
HOME » 結婚指輪知らないこと » 婚約指輪のデザイン色々

婚約指輪のデザイン色々

婚約指輪といえば、とても高価なものであり、また特別なものです。
誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。
プロポーズと共に婚約指輪をプレゼントされる日を夢見ていたそんなあの日が誰もがあるのではないでしょうか。
そんなほかのジュエリーとは思い入れも違う婚約指輪。
婚約指輪はお給料の3か月分なんて言う言葉が飛び交っていたバブルの時代。
コマーシャルで様々なカップルの婚約指輪と共にお給料の3か月分というキャッチコピーが世に定着していた時代でした。

値段が高価であることだけではなく、意味のある指輪、意味のある婚約指輪ですので、お気に入りのデザインのものを贈りたいものです。
初めての婚約指輪を選ぶときにはなかなか難しいものです。
特に男性が女性にサプライズでプレゼントするというのであればさらにその難易度は上がります。
まずはデザインを知るところから婚約指輪選びは始まります。

一番スタンダードなデザインは、6つの爪で一つの大粒のダイヤモンドを支えている、ティファニーが発祥のソリティアです。
ソリティアにしておけば間違いなしと言われているくらいですので、迷ったらソリティアにすると良いかもしれません。
またソリティアのおすすめの理由は、指輪のサイズ直しがしやすい事です。
一生ものの婚約指輪と考えると、やはりサイズ直しが簡単にできるほうが良いですね。

ゴージャスにスタイリッシュな指輪が好きな方には、エタニティ―リングがおすすめです。
粒ぞろいのダイヤモンドが並んでいてスタイリッシュでありながらも、輝きとラグジュアリー感はやはりエタニティ―の醍醐味です。

またパヴェも人気があります。
ダイヤモンドが散りばめられたパヴェはより女性らしいデザインで、とても繊細でかつ重厚な輝きです。
美しさを兼ね備えた指輪です。

婚約指輪のデザインは彼女と一緒に選ぶかサプライズにするか、サプライズの場合は好きなデザインの調査をひそかにしてみるのも良いですね。